リッチブラック使用の注意点

リッチブラック「リッチブラック」の説明と注意点です。

リッチブラックとは

リッチブラックとは、K(墨版)1色で作った黒ではなく、他の色を混ぜて、より深く、濃くした黒のことです。Kだけの場合、印刷してみると思ったよりも薄く見えたり、下地が透けて見えたりすることもあるので、他のCMYを加えて濃い黒を表現します。

文字や細いオブジェクトでは注意を

見当ズレ細かい文字や細い線などのオブジェクトの場合、リッチブラックを使うと他のCMYがズレることで、ブレたように印刷されることがあります(見当ズレ)。細かい文字などをはっきり見せたい場合はKのみ100%の「スミベタ」にしてください。

盛ればいいってものでもなく…

また濃くしたいからと言って、すべての色を100%で重ねることはしないでください。印刷した時の乾きが遅くなり、用紙がくっついてしまう、裏移りするなどのトラブルになります。リッチブラックの推奨値はC:40%、M:40%、Y:40%、K:100%くらいです。

お問い合わせはこちら