印刷用紙選択のヒント

紙のイメージ一言で印刷用紙といっても、膨大な種類があります。用途やコストによって、最適なご提案をさせていただいております。

もし現在お使いの物と同じ用紙をご希望の場合、サンプルをいただければお調べしますので、お気軽にご相談ください。

紙の厚さ(連量)

商業印刷の場合、紙の厚さは「kg」で表すことが多いです。印刷機を通す大きいサイズの「原紙」1000枚を「1連」と呼んでいます。その「1連」あたりの重さを表す量を「連量」と呼びます。紙が厚いか薄いかでこの重さが変わってきます。例えば1連で180kgに紙もあれば、半分の90kgの紙もあります。ですので、厚さをkgで表しています。なお、原紙のサイズも色々あるのですが、とりあえずは四六判サイズを基準として表示するのが慣例です。

用紙種類:ビジネスペーパー系

流通量も多く、価格的にも手ごろな一般的な紙です。手触りや色のノリなどで使い分けられます。

<コート紙> 光沢があり、印刷時の写真映えが良いので、チラシ・パンフレットなどでよく使われる用紙です。ただ逆に薄いコート紙だと「安売りの折込チラシっぽくて高級感が損なわれる」といって嫌う方もおられます。またコーティングですべってしまうので、鉛筆などでは記入することが難しくなります。

<マットコート紙> コーティング剤の光沢が抑えられ、しっとりした仕上がりになっています。落ち着いた雰囲気で、高級感が必要な不動産のチラシや会社案内、また文字が多めの冊子などに向いています。こちらはコート紙に比べると筆記性は良くなります。

<上質紙> 表面がコーティングされていない用紙で、普通にオフィスにあるコピー用紙なども上質紙です。コーティングされていない分、印刷すると写真などの色はかなりくすんだ感じに仕上がります。一方で筆記性は一番よく、ビジネス文書、アンケート用紙やスタンプカードなどによく使われます。

その他のファンシーペーパーなど

上記3種のビジネスペーパー以外にも様々な印刷用紙があります。よく使われるものを少しご紹介します。

<Mr.B> コートとマットの良いとこ取りといった感じで、マットの風合いを持ちながらもインクが乗った部分は光沢が出て映えるようになっています。ただ良いもの=コストは必要ですので、上記3種の2~3倍くらい? ベージュっぽいものから白色度の高いものまで、数種あります。

<アラベール> コーティングされていない上質系の紙で、独特の手触りが楽しめます。その一方、上質紙同様に色はくすんで印刷されますので、あえてその良さを引き出すように水彩っぽいイラストにするなど、デザイン時から考慮すると良い物が仕上がると思います。

<マーメイド> 表面に波型のエンボスがかかったファンシーペーパーで、たくさんの色の種類があります。書籍の見返しなどに使う場合が多いですが、渡した時のインパクトを求めて名刺で採用される方もおられます。

<竹はだGA> 非木材の竹パルプを30%以上使用した環境対応用紙です。手触りや色合いなどもナチュラルで優しい感覚があります。以前は非木材原料として「ケナフ」がよく使われましたが、繁殖力が強く固有種を駆逐してしまったり土地が痩せてしまうなど問題があっため、現在印刷用紙では廃盤となりました。

お問い合わせはこちら